キャッシング審査で必要な書類について

急なお金が必要になったとき、とても困りますよね。

そのときキャッシングはとても便利です。

しかし、いざ借りようと思ってもどうすればいいか迷いますよね。

なので、初めどのような書類を用意すればいいのか見ていきたいと思います。

キャッシングの申し込みを行う際、本人確認書類が必要になります。

また、収入証明書はその借入限度額によっても必要になってきますので気をつけましょう。

さて本人確認書類ですが具体的には、

どの金融機関においても、運転免許証やパスポートなどといった顔写真が付いた本人確認書類は提出しても認められていることが多いです。

マイナンバーカードなんかもそれに当たりますね。この辺を用意しておけば、まず大丈夫でしょう。

健康保険証も以前までは本人確認書類として有効でしたが、今は認められないことが多いので注意が必要です。

また、2016年には犯罪収益移転防止法が改正され、本人確認書類の確認がより一層厳しくなりました。

犯罪収益移転防止法とは、犯罪による収益の移転防止に関する法律のことです。

顔写真がない本人確認書類を提出したときには、それ以外の本人確認書類の追加を求められます。

ですので、キャッシングを利用する際は必ず顔写真が付いた本人確認書類を用意しましょう。