キャッシング審査で必要な書類について

急なお金が必要になったとき、とても困りますよね。

そのときキャッシングはとても便利です。

しかし、いざ借りようと思ってもどうすればいいか迷いますよね。

なので、初めどのような書類を用意すればいいのか見ていきたいと思います。

キャッシングの申し込みを行う際、本人確認書類が必要になります。

また、収入証明書はその借入限度額によっても必要になってきますので気をつけましょう。

さて本人確認書類ですが具体的には、

どの金融機関においても、運転免許証やパスポートなどといった顔写真が付いた本人確認書類は提出しても認められていることが多いです。

マイナンバーカードなんかもそれに当たりますね。この辺を用意しておけば、まず大丈夫でしょう。

健康保険証も以前までは本人確認書類として有効でしたが、今は認められないことが多いので注意が必要です。

また、2016年には犯罪収益移転防止法が改正され、本人確認書類の確認がより一層厳しくなりました。

犯罪収益移転防止法とは、犯罪による収益の移転防止に関する法律のことです。

顔写真がない本人確認書類を提出したときには、それ以外の本人確認書類の追加を求められます。

ですので、キャッシングを利用する際は必ず顔写真が付いた本人確認書類を用意しましょう。

キャッシングを連続で申込むときの「コツ」

キャッシングに連続で申し込むと、

審査に落ちやすくなると聞いたことはありませんか?

最低でも2週間か一か月程度間をおいてから申し込むとよいなど、

注意点として書かれている情報サイトもありますね。

今回はそれが本当なのかどうか、詳しく調べてみました。

よく「1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなる」と言われていますが、

申込記録が審査に影響することはあるのでしょうか?

大手消費者金融や銀行、公式ホームページにも連続申し込みに関する記述はなく、

また、各各信用情報機関の公式ホームページにも書かれていません。

消費者金融の社員や銀行員の方に話を伺うと、申込記録は確認せず

チェックするのは、申込記録ではなく借入れに関する記録だと言います。

申込件数が一定件数以上あると資不可になるという基準はないそうですが、

申込件数が7~8件を超えるような場合、件数以外に問題がない場合は

先にキャッシングカードを発行し、借入額が極端に増えていなければ、

カードの利用を解禁すると書かれていました。

重視するのは申込記録ではなく、借入件数や金額です。

申込記録が審査に大きな影響を与えることはなく、重要なのは借入れの記録ということです。

よって、1ヶ月に3社以上申込んでも審査に大きな影響はないのです。

ただ、複数の会社に申込みたいなら、1~3日中に申込むのはやめておくとよいでしょう。

新生銀行レイクのおすすめの借入方法と無利息期間について

キャッシング方法は専用のローンカードを使用してATMからキャッシングをする方法と、利用者の預金口座に振込にてキャッシングする方法との2種類が用意されています。

ATMを利用する場合には、レイクのATMが手数料無料で利用できるのはもちろん、セブン銀行ATMやイオン銀行ATM、ローソンATM等の提携ATMも手数料無料で利用が可能です。

また振込を利用する場合には、パソコンやスマートフォンからレイクの会員ページにログインして手続きを行うことで、即日振込みでの借り入れが可能です。キャッシング即日融資を希望する場合にはこちらの方法で借り入れをするのがおすすめです。

続いて、レイクの無利息期間についてですが、新生銀行レイクでは利用が初めてであれば、一定期間無利息で借入ができるので、短期間の借入をお得にしたいという人には強く利用をおすすめです。

契約金額に応じて無利息期間は異なり、5万円までの借入が180日間無利息で利用できる特典(契約額が1万円~200万円までの場合)か、金額に関係なく30日間無利息で利用できる特典(契約額が1万円~500万円までの契約の場合)か、いずれかの特典を享受することができます。

なおどちらの無利息期間についても契約日の翌日から無利息期間が適用開始となっています。

アイフルのてまいらずと利用する時に注意する事

大手消費者金融のアイフルは即日融資に対応してくれるので今すぐお金が必要という人には適しています。しかしアイフルにも使用する時に注意点があるのでしっかり把握しておかないといけません。

アイフルは消費者金融なので当然金利は高く設定されています。最高金利は18%に設定されていて無利息期間のサービスもないので利息というのは常に頭に入れておかなければいけません。しかもアイフルの場合は返済時にATMを利用しますがこの時に利用手数料を取られてしまいます。利息に加えて手数料まで支払っていたら余計に支払う額が多くなってしまいます。そのため長期の借り入れは出来るだけ避けた方がいいでしょう。

アイフルにはてまいらずという無人契約でんわBOXで申し込む事が出来ます。無人契約機だと不安な面はあるかもしれませんが、てまいらずはオペレーターに電話するだけでカードが発行出来るのですごく便利です。申し込みに手間がかからないのが大きな特徴でもあります。

三井住友フィナンシャルグループの子会社になっているプロミス

消費者金融と聞くと借金をするというイメージが付いてしまうので、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となってサービス面の強化に取り掛かっています。三井住友フィナンシャルグループと言えばメガバンクの三井住友銀行があるので信用出来ると判断して利用する人も増えているようです。

プロミスですぐお金を借りる場合は自動契約機で申し込んでその場でカードを発行してもらう形になりますが、自動契約機の中に入るには抵抗があるという人も多いでしょう。しかしプロミスは三井住友フィナンシャルグループの完全子会社なので三井住友銀行のローン契約機で申し込む事も可能です。三井住友銀行のローン契約機で申し込んでももちろんその場でカードを発行してもらえて即日融資が可能です。そのためプロミスの自動契約機に入りづらいという人は三井住友銀行のローン契約機で申し込むといいでしょう。

プロミスを利用する時は三井住友銀行の口座を持っていると便利に利用する事が出来ます。契約完了後に借り入れを振込キャッシングで依頼する時に三井住友銀行の口座を指定しておくと24時間いつでも振込が可能になります。しかも最短10秒後に振込完了となるのでプロミスを利用する時は三井住友銀行の口座を開設しておくといいでしょう。

楽天銀行スーパーローンの2つの注意点

楽天銀行スーパーローンは低金利、WEB完結、借入希望額が300万円以下なら収入証明書の提出が不要、専業主婦の利用可能などメリットになる点が多いです。それに楽天会員だと楽天ポイントが付与される特典もあるので楽天市場などを利用する人は経済的にもメリットになります。最近では大手銀行のカードローンより楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきていますが、注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで楽天銀行スーパーローンの注意点を確認していきましょう。

・即日融資を受けるのは難しい

楽天銀行スーパーローンは審査回答が最短即日と宣伝しているので即日融資を受ける事が出来ると思ってしまう人もいます。しかし審査は数日かかってしまう事が多いので融資可能になるのも数日かかってしまいます。即日融資を受けるのは難しいので注意しましょう。

・63歳以上は利用する事が出来ない

銀行カードローンの利用条件は20~65歳までとなっている事が多いので65歳以下なら利用する事が出来ると思っている人も多いです。しかし楽天銀行スーパーローンの利用条件は20~62歳までとなっているので63歳以上の人は利用する事が出来ません。間違えやすい部分なので注意しましょう。

自動契約機でキャッシングを受けるには

今ではインターネットの普及により、キャッシングがパソコンやスマートフォンのみで申し込みや審査まで可能になっていますが、即日融資や急な出費などで急ぎの場合、申し込み時間や審査完了時間に指定があるので、間に合わない場合もあります。

そんな方々の為に、何社かのキャッシング業者では、

自動契約機を置いてある所があります。

自動契約機の最大のメリットは、なんと言っても審査が通れば、即カード発行ができ、すぐさまキャッシングが利用できる事でしょう。

手順としましては、まず自動契約機にはいり、申し込み書を記入し、機械に直接流しこむだけです。

その後テレビ電話で、オペレーターの方と会話のやり取りを行い審査にはいります。

必要なものは、身分証明のみです。

そして審査が行われてる間は、ただひたすら待機しています。仮に審査に通過した場合は、

すぐさまカードが発行され、機械からカードが出てきます。

その後、すぐキャッシングが出来る事になります。

大体の流れは、そのような感じになっています。

ただ、自動契約機ともなるとやはり入りずらい感じがしてしまう所がまたひとつのデメリットな点も持っていますが、即日融資をどうしても受けたい場合はやはり、

自動契約機がおすすめになります。