カードローンで旅行に出かけよう

カードローンは、特に利用目的を問うことがないので、いろいろな理由で利用することができます。

日々を送っている中で、いろいろな点にお金がかかってきます。生活にかかるお金は、お給料で賄うことはできても、それ以外の遊興費を出すことができないという人は意外に多くなっているでしょう。カードローンの利用を検討すれば、遊興費を出すこともできます。

例えば、旅行に出かけたいと思った時にカードローンを利用することにより、行きたいところに行くことができるのです。旅行は、場所によって最適な時期というものが存在しています。その時期を逃してしまうと、美しい景色を見ることができず、旅行の醍醐味も失われてしまうでしょう。

カードローンを利用すれば、最適な時期に旅行に行くことができるので意味を感じることができます。

カードローンで借りたお金は、毎月ごとに返済していけるだけではなく、ボーナスが出たときにまとめて支払うこともできます。そのときごとに返済する金額を変えていくこともできるので、お金を返すときの負担を感じにくくなってくるでしょう。

楽しい人生を送るためにも、カードローンをうまく利用していくことで、現金がないときでも旅行に行くことができます。

カードローンの金利と限度額を比較するポイント

現在金利が一番低くて融資限度額が一番多いのが、住信SBIネット銀行のカードローンです。金利は年0.99%で、融資限度額は1200万円です。住信SBI銀行のカードローンは総領規制の対象外なので年収に関係なく借りられるとはいえ、この条件で借りられる人間は何人いるでしょうか?

カードローンを利用する時、下限金利や最高の融資限度額を見ても仕方ないのです。なぜなら初回借り入れは、50万円以下になることが多いからです。ちなみに100万円以下の金利は、消費者金融で年18%、銀行カードローン年14%台となっています。なお100万以上借りるなら、銀行カードローンの方がオススメです。消費者金融では100万以上借りるのは困難ということもありますが、それよりも金利が大きく変わるからです。100万円~200万円の金利は、消費者金融が年15%となるのに対して、銀行カードローンは10%程度になります。5%も違えば、年5万円も違うので銀行カードローンの方がかなりお得です。

さらに無利息サービスは大手消費者金融だけと思われがちですが、ジャパンネット銀行や新生銀行カードローンなど銀行カードローンでも増えつつあります。

初めてだからこそ安心のプロミス

どうしてもお金が必要になった時、友達から借りることはお勧めしません。

親しき仲にも礼儀ありで、せっかくの信頼関係にひびが入る可能性もあるからです。

お金が必要でどうしても借りなければならない時は、大手消費者金融のプロミスがお勧めです。

銀行でなく消費者金融に借りるのにどうしても抵抗がある方もいるかもしれません。

しかしそれは古い時代の話です。

今は消費者金融の方が大手銀行よりも融通が利き、しかもお客様を大事にする精神が溢れているところが多いのです。

その中の大手の一つがプロミスです。

スマホやパソコンからでも申し込みができるのは他の消費者金融も同じですが、プロミスには他にはない利点があります。

審査が早く最短で30分なので即日融資が可能です。

また初めての時には金利の特典があり、初回借り入れの翌日から30日間は無金利です。

30日間無金利は他の消費者金融にもありますが、契約日からのところが多いのです。

もし審査に通るのに10日かかると無金利期間は実質20日間になります。

そういった点もプロミスがお勧めの理由の一つです。

また自宅に郵便物が送られてくるのを避けたい場合、webでの申し込みの際、口座振替を選択すれば可能です。

家族に知られたくない場合もプロミスなら大丈夫です。

初めてお金を借りる人には絶対お勧めのプロミスです。

キャッシング審査で必要な書類について

急なお金が必要になったとき、とても困りますよね。

そのときキャッシングはとても便利です。

しかし、いざ借りようと思ってもどうすればいいか迷いますよね。

なので、初めどのような書類を用意すればいいのか見ていきたいと思います。

キャッシングの申し込みを行う際、本人確認書類が必要になります。

また、収入証明書はその借入限度額によっても必要になってきますので気をつけましょう。

さて本人確認書類ですが具体的には、

どの金融機関においても、運転免許証やパスポートなどといった顔写真が付いた本人確認書類は提出しても認められていることが多いです。

マイナンバーカードなんかもそれに当たりますね。この辺を用意しておけば、まず大丈夫でしょう。

健康保険証も以前までは本人確認書類として有効でしたが、今は認められないことが多いので注意が必要です。

また、2016年には犯罪収益移転防止法が改正され、本人確認書類の確認がより一層厳しくなりました。

犯罪収益移転防止法とは、犯罪による収益の移転防止に関する法律のことです。

顔写真がない本人確認書類を提出したときには、それ以外の本人確認書類の追加を求められます。

ですので、キャッシングを利用する際は必ず顔写真が付いた本人確認書類を用意しましょう。

キャッシングを連続で申込むときの「コツ」

キャッシングに連続で申し込むと、

審査に落ちやすくなると聞いたことはありませんか?

最低でも2週間か一か月程度間をおいてから申し込むとよいなど、

注意点として書かれている情報サイトもありますね。

今回はそれが本当なのかどうか、詳しく調べてみました。

よく「1ヶ月に3社以上申込むと審査に通らなくなる」と言われていますが、

申込記録が審査に影響することはあるのでしょうか?

大手消費者金融や銀行、公式ホームページにも連続申し込みに関する記述はなく、

また、各各信用情報機関の公式ホームページにも書かれていません。

消費者金融の社員や銀行員の方に話を伺うと、申込記録は確認せず

チェックするのは、申込記録ではなく借入れに関する記録だと言います。

申込件数が一定件数以上あると資不可になるという基準はないそうですが、

申込件数が7~8件を超えるような場合、件数以外に問題がない場合は

先にキャッシングカードを発行し、借入額が極端に増えていなければ、

カードの利用を解禁すると書かれていました。

重視するのは申込記録ではなく、借入件数や金額です。

申込記録が審査に大きな影響を与えることはなく、重要なのは借入れの記録ということです。

よって、1ヶ月に3社以上申込んでも審査に大きな影響はないのです。

ただ、複数の会社に申込みたいなら、1~3日中に申込むのはやめておくとよいでしょう。

新生銀行レイクのおすすめの借入方法と無利息期間について

キャッシング方法は専用のローンカードを使用してATMからキャッシングをする方法と、利用者の預金口座に振込にてキャッシングする方法との2種類が用意されています。

ATMを利用する場合には、レイクのATMが手数料無料で利用できるのはもちろん、セブン銀行ATMやイオン銀行ATM、ローソンATM等の提携ATMも手数料無料で利用が可能です。

また振込を利用する場合には、パソコンやスマートフォンからレイクの会員ページにログインして手続きを行うことで、即日振込みでの借り入れが可能です。キャッシング即日融資を希望する場合にはこちらの方法で借り入れをするのがおすすめです。

続いて、レイクの無利息期間についてですが、新生銀行レイクでは利用が初めてであれば、一定期間無利息で借入ができるので、短期間の借入をお得にしたいという人には強く利用をおすすめです。

契約金額に応じて無利息期間は異なり、5万円までの借入が180日間無利息で利用できる特典(契約額が1万円~200万円までの場合)か、金額に関係なく30日間無利息で利用できる特典(契約額が1万円~500万円までの契約の場合)か、いずれかの特典を享受することができます。

なおどちらの無利息期間についても契約日の翌日から無利息期間が適用開始となっています。

アイフルのてまいらずと利用する時に注意する事

大手消費者金融のアイフルは即日融資に対応してくれるので今すぐお金が必要という人には適しています。しかしアイフルにも使用する時に注意点があるのでしっかり把握しておかないといけません。

アイフルは消費者金融なので当然金利は高く設定されています。最高金利は18%に設定されていて無利息期間のサービスもないので利息というのは常に頭に入れておかなければいけません。しかもアイフルの場合は返済時にATMを利用しますがこの時に利用手数料を取られてしまいます。利息に加えて手数料まで支払っていたら余計に支払う額が多くなってしまいます。そのため長期の借り入れは出来るだけ避けた方がいいでしょう。

アイフルにはてまいらずという無人契約でんわBOXで申し込む事が出来ます。無人契約機だと不安な面はあるかもしれませんが、てまいらずはオペレーターに電話するだけでカードが発行出来るのですごく便利です。申し込みに手間がかからないのが大きな特徴でもあります。